ゲームの学校はどう選ぶ?何年制を選んだらいいの?

何年制の学校かで学べる内容が変わる

一般的な大学は4年制です。それよりも短い期間で学べる大学が短期大学で、2年制と3年制ががあります。専門学校では、特に期間が決められていない学校もあれば、1年制から4年制まであります。年数が異なれば、当然ながら学べる内容も異なります。ゲーム関係の仕事をしたいのであれば、ゲームが学べる専門学校を選びます。学校によって4年制もあれば2年制もあります。2年制だと、基本的な内容が中心になります。一定のプログラミング能力などは身に付きますが、実習などがどうしても少なくなります。3年制や4年制になるとより深く学べるので、かなり実力をつけた状態で修了になります。卒業後の就職でも、即戦力として採用してもらえる可能性が高くなります。

実力に合わせた学校選びが必要

ゲームの仕事を希望するなら、ゲームを学べる専門学校を探すのがいいでしょう。実際には全国に多くの学校が存在します。その中からぴったりの学校を探すのは大変です。まずは今の自分の実力を知るところから始めましょう。ゲームをよくしている人、情報を知っている人、実際にゲームを作った経験のある人などがいます。プログラミングの経験があるなら、入ってすぐに実習ができる学校に入ります。どんどん実力を伸ばせます。一方で、これまであまりゲームをしていない人、プログラミングは学校の授業程度の人なら、プログラミングの基礎から学べるところにします。いきなり実習がある学校だと、最初から授業についていけません。初心者ばかりの学校の方が良いでしょう。

ゲームの専門学校では、ゲーム制作の知識が全くなくても、いちから学ぶことができるので、人気の高い学校です。